[レシピ付き] 宮古島のソウルフード「うずまきパン」の手作りラスクを持って、牧山展望台へ行く!

こんがりうずまきパン

うずまきパンの手作りラスクを持って、牧山展望台に行ってきた♪

うずまきパン、好きですか?

私は、ずっしり詰まったクリームを、手をベタベタにしながら食べるのがとても好きです。
小さい頃からの定番です。

今日は、ドライブのおやつに、うずまきパンラスクを持って行くことにしました。

固くなったうずまきパンをトーストしてみたら、ザクザクでおいしかったので、うずまきパンラスクは我が家の新しい定番になっています。

家で簡単に作れるので、レシピをご紹介します。

うずまきパンを買ったとき、よかったら試してみてください♪

うずまきパンで手作りラスクを作るレシピ

うずまきパン トースター
うずまきパン トースター

準備するものは、オーブン機能のついたレンジ(もしくはトースター)。

材料はうずまきパンだけです。

オーブンがなくても、お魚用のグリルやフライパンでラスクを作ることができますが、今回はオーブンを使ったラスクの作り方についてご紹介します。

簡単!うずまきパンでラスクの作り方
  • 用意したうずまきパンを、130度のオーブンで20分ほど焼く
  • パンをひっくり返して、さらに10分ほど焼く

すると、おいしいラスクが出来上がります。

↓これは、130度のオーブンで15分ほど焼いたうずまきパン。

こんがりうずまきパン
こんがりうずまきパン

自家製うずまきパンラスクのコツは、低温でじっくり焼くこと

いろんなレシピを研究した結果、おいしいラスクを作るルールは一つだけでした。

それは、低温でじっくり焼いて、水分を飛ばすことです。

トーストやピザを焼く時のように、180度や200度の高温でラスクを作ろうとすると、水分が飛ぶ前に、表面がこげてしまいます。

低温で焼くと、うずまきのクリームがいい感じに溶けるので、一気に食べても重くありません。

残ったクリームと砂糖は、これもまたいい感じにカリカリになっていておいしいです。

溶けたクリームが落ちるので、天板にはアルミホイルを敷いておくと、後片付けが楽ですよ。

うずまきパン ラスク
うずまきパン ラスク

うずまきパンのラスクは、手で折ってみて、「ザクッ!!!」と音が鳴れば完成です。

「サクッ」ではまだ成分が残っています。

水分が残っているラスクは、時間が経つと食感がフニャフニャになり、ラスクっぽくなくなってしまいます。

焼きあがった後すぐ食べる場合は、「サクッ」の状態でもおいしいです。

時間や温度をあまり厳しく管理しなくても、焼き色が強すぎたらオーブンの温度を下げる、ザクザクが足りなかったら焼く時間をふやすという風に、少しずつ調整すれば大丈夫です。

もともとおいしいパンなので、適当に焼いてもおいしいです。

自家製うずまきパンでラスク

自宅で作るうずまきパンラスクは、おいしくて楽しい、しかもクリームが減ったぶん、ちょっとカロリーオフ。

いいとこどりのラスクです。

でも、手作りでは物足りなくなってきたぞというときは、本家のうずまきパンラスクを食べてみてください。

うずまきパンを作っている会社、「富士製菓製パン」のうずまきラスクは、おみやげとして、とても人気がありますよ。

おみやげ屋さんやスーパーなどで売っています。

うずまきラスク 6個入り → https://www.uzumakipan.com/

牧山展望台は、伊良部島のビュースポット

牧山展望台「伊良部島」
牧山展望台「伊良部島」

うずまきパンを持って向かった先は、伊良部島にある牧山展望台です。

牧山展望台は、伊良部大橋や宮古島をのぞむビュースポット。

ドライブの目的地にぴったりです。

展望台には、ベンチとテーブルが用意されているので、景色を見ながらゆっくり過ごせます。

牧山展望台は、伊良部島で一番高い場所
牧山展望台は、伊良部島で一番高い場所

牧山展望台は、伊良部島で一番高い場所なのだそう。

確かに、どの方向を見ても、視界を遮るものがありません。

パノラマの景色を眺めながら、色んな方向から吹いてくる風を受けるのは、とても気持ちがいいです。

そのぶん、天気が悪い日には、びっくりするほど強い風が吹きます。

風の強い日には、帽子などを飛ばされないよう気をつけてくださいね。

牧山展望台
沖縄県宮古島市伊良部字池間添
駐車場 無料
入場料 無料